• 英語と家庭学習習慣が身につく

  • ABC ポップ フォニックスをご利用いただきありがとうございます。

    英語の、読み、書き、正しい発音、を身につけるためにはフォニックス学習が最適です!3歳から8歳までの最も効率よくフォニックスを習得できる年齢のお子さまが楽しく学びながら学習習慣も身につけられるようなプログラムを引き続き提供して参ります。

     

    選ばれる3つのポイント

    ・フォニックスキャラクターの名前を覚え発音が身につく!
     
    ・色塗りや線なぞりで筆圧をつけながら読み書きの能力が向上する!
     
    ・1日15分からの学習習慣で自然と学べる楽しさを感じれる!
  • 教材のご案内

    3歳~8歳までに筆圧&フォニックスを習得しよう!

    「ABC Pop Phonics」のYouTubeから、 1つの動画を使って、この3つの教材のレッスンがどれでも学べます。

    レインボートレーシング

    (筆圧練習用塗り絵)

    対象年齢:3歳

    ●アルファベットの大文字と小文字の形と音をぬりえ感覚で学べます。


    ●教科書の文字をクレヨンやクレパスでなぞっていくと、アルファベットの虹ができあがります。
     

    ●自然と文字の形を党えることができ、筆圧を鍛える効果も期待できます。
     

    ●YouTube動画と合わせて使用すると、発音と書き順をわかりやすく学べます。

    カラーリングブック

    (線をなぞって形を覚える)

    対象年齢:4歳

    ●初めて文字を書く5~6歳(すでにRainbow Tracingを終了した4歳児)の子どもにアルファベットの形 をぬりえ感覚で覚えてもらう教材です。

     

    ●教科書に出てくるキャラクター の名前を覚えることで、自然とアルファベットの発音が身につきます。

     

    ● YouTubeレッスンを活用し、発音と書き順の動画を見て学べます(教科書裏表紙記載のサイトより)。
     

    ● イラストの模様をなぞることで曲線や直線を描く練習につながります。

    アルファベット&フォニックス

    (大文字、小文字が書ける)

    対象年齢:5歳~8歳

    ● 5~8歳の初めて英語を学ぶ子どもにおすすめ。


    ● ABC Pop Phonics専用YouTubeレッスン動画を見ながら、アルファベットの書き方や発音方法が3分ほどで学べます。英語の授業に組み込 んだり、家庭で個別に学んだりと、幅広く活用できます。

     

    ●キャラクターの名前とアクションポーズを覚えることで、名詞はもちろん、動詞や形容詞の活用も学ぶことができます。

  • ゲーム&ポスター

    遊びながら自然とアルファベットの発音と形が覚えられるカードゲームです。簡単なルールなので4歳以上のお子様から大人まで楽しく遊べます。

    アルファベットポスター(A1サイズ)

    「ABC Pop Phonics」のキャラクターとアルファペット文字が並んだポスターなので、教室や自宅に貼って普段からも身近にふれることができます。(61x86.5 cm)

  • コンプリートフォニックスシリーズ

    フォニックスをマスターしよう!というコンセプトで開発されたComplete Phonicsシリーズは、アルファベットが書けるようになった子ども達が、サイレントEをはじめ、あらゆるフォニックスのルールを学べる教材です。キャラクターの名前でフォニックスのルールを楽しく覚えられるスタイルはそのままで、サイトワードの練習、ショートストーリーもあり、これから読み書きを本格的に始める子ども達に最適です。ワードサーチやビンゴなど楽しいゲームや単語テストも盛り込まれています。

  • フォニックスとは?

    フォニックスは、欧米を中心に子供たちが英語を読めるように工夫された学習法です。

    例えば、「Cub(カブ)」という単語を教えると、従来の学習方法は何度も発音させ、ノートに書かせて覚えさせます。

    しかし、「Cube(キューブ)」という文字が出たとき、先ほどの「Cub」という文字を活かして読むことはできません。

    フォニックスでは、「Cub」の単語の後に「e」がつくと、「Cub」の中の「u」はアルファベット読みの「ユー」という音になると教えます。そこで、「Cube」は「キューブ」と読むことができると学習するのです。

    フォニックス学習を適切に行なえば、このようなルールを左脳でロジカルに考えるのではなく右脳で感覚的に単語を読み書き発音できるようになりますので、初めての単語も正しく読め、見た事が無い単語も聞けば書ける様になります。また、正しい発音が身に着くので第2言語として英語を学ぶ際に近年では活用するケースが増えてきました。幼少の頃にフォニックスを楽しみながら学ぶことで発音が綺麗になり、単語の読み書きができるようになります。